道後温泉いってきました

お久しぶりの更新です。普通に生きてますよー。
1泊2日でゆっくりしてきました。

朝一で、松山空港から、今治タオル目当てにレンタカーで今治へ。
タオル美術館、今治城、今治タオル本館をウロついたら、松山駅に戻り、
市内の路面電車でちんたらと道後温泉へ。陽があるうちに着。

 タオル美術館と今治城
DSC_0534.jpg DSC_0535.jpg


道後温泉でゆっくり。
からくり時計が動くのを撮ったり、坊ちゃん列車が動くのを撮ったりして宿へ。
陽が落ちてから出かけ直して、道後温泉本館のライトアップを見たり、
ガラス美術館(美術室程度の規模だった…)や商店街をウロウロして名物を食す。

 道後温泉本館ライトアップ
DSC_0560.jpg DSC_0558.jpg


翌朝は道後温泉本館で入浴。
3F個室は待ち状態だったので、2F小広間コースで霊の湯・神の湯・館内見学を。
その後、温泉街の神社とか近所を散策して、昨日とは別の名物を食して出立。

 道後温泉本館と神社
DSC_0565.jpg DSC_0596.jpg


路面電車で10分くらいの松山城とその周辺へ。
一通り見た後、天気が良かったので、天守閣前の広場でひなたぼっこして1時間近く過ごす。
ぼーっ。

 松山城と萬翠荘
DSC_0605.jpg DSC_0613.jpg


それでもまだ13時半くらいで、飛行機の最終便の出発時刻まで時間が有り余っていたので、
疲れずに時間をつぶす観光はないかと探す。

すると「伊予灘ものがたり」という観光列車に乗れそうな時間だったので、
乗って座って景色眺めてるだけで時間すぎるじゃん! と思い立って乗車することに。

とりあえず普通の特急で伊予大洲へ。
伊予灘ものがたり始発の八幡浜まで行ってもよかったのですが、
とんぼ返りじゃなくて、せっかくなら大洲を少し観光しようと臥龍荘や大洲の街をウロウロ。

臥龍荘
DSC_0616.jpg


その後、伊予灘ものがたりの海側の席に座り、ぼーっと景色を眺めながら松山駅へ。
DSC_0626.jpg DSC_0640.jpg
DSC_0641.jpg DSC_0642.jpg


あとは飛行機で羽田に戻って終了~でした。
で、追記はまたドール写真です。
 
 
 
 
泊まりの旅行だと、宿はやっぱ大事だよ~ということで、
必ずそれなりのところを取るようにしているのですが、
今回は、道後温泉でも1・2を争う老舗の名旅館として有名な、大和屋本店さんです。
道後温泉本館まで徒歩1分未満という、立地も素晴らしいお宿。

道後温泉は、今年の夏まで、写真家の方とのタイアップ企画中とのことで、
大和屋本店さんには、ふすまや障子に畳まで、
写真家の方の作品イメージで揃えた特別内装の部屋が用意されています。

作品が夜桜ということで、夜の間は、照明含めて部屋が少し暗めに調整されているので注意ですが、
朝は、東の窓から朝陽が入って明るくなる、良いお部屋でした。
DSC_0550.jpg DSC_0551.jpg
DSC_0566.jpg DSC_0569.jpg


そして、そんな部屋にドールを持ち込み撮影する私。
飛行機移動のため、サイズ的に機内持ち込みに工夫がいる、リーゼロッテや理奈は留守番で、
今回は、MSDコーディネートモデルのこの娘です。
DSC_0591.jpg DSC_0584.jpg DSC_0578.jpg
なお、この娘のサイズはこんな感じ。
DSC_0574.jpg DSC_0579.jpg

Trackback

http://edcba.blog96.fc2.com/tb.php/282-022bda5c

«  | HOME |  »

プロフィール

Nagayaoh

Author:Nagayaoh
プロフィール


最近の記事


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


RSSフィード


著作権表示

『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。
このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。