ホームシアター環境を作ろう!(一旦中断)

テレビ     :TH-65EZ1000
再生&レコーダー:DMR-UBZ2020

UltraHD Blu-rayも再生できるし、次は音だよね! ということで、
Tuned by Technicsの音がゴミなので(どんどん評価が下がる)、
テレビの音を良くする活動に着手しました。


■前提(テレビの音について)

以下の点でゴミです。でも、音がゴミでも尚、TH-65EZ1000の満足度は高いです。

→セリフや歌が前面に出るシーンで、低音がほぼ聞こえなくなることがある。
→逆に低音が鳴る状況だと、セリフが埋もれて聞こえなくなることがある。
→普段は問題ないが、上記の状況が稀に良く起き、発生すると耐え難いレベル。


■ホームシアター環境を作ろう!
●試聴編
PC周り  :PC本体 + FOSTEX HP-A3 + DENON AH-D5000
ポータブル:ONKYO DP-X1A + JVC HA-FW01

上記のヘッドホン・イヤホン環境と同等以上の音を聴けることが最低条件です。
このため、各メーカーが展開している入門用のホームシアターセットは除外。
入門用の単品構成のホームシアター環境として、以下を考えて、試聴してみました。

AVアンプ  DENON AVR-X4300H
フロント  AVENTO FS-20
サラウンド AVENTO S-20
センター  IMAGE11 KAI3

FS-20は雰囲気の良い音と厚い低音で評価の高いスピーカー。
期待していたのですが、結論、論外でした。
家電量販店で、試聴環境がさほど良くなかったこともあるかもしれませんが、
「汚い濁音垂れ流すんじゃない!」と言いたくなるほどボワンボワンで、これは買いたいレベルにありません。
買うつもりで行って試聴して、予想外の駄目さだったので、困ってしまいました。

●整理編
※(2017.8.12削除)
その後、いろいろ試聴したり調べたりした結果、
あまり正しい整理じゃなかったと分かったので、削除しました。

●再考編
※(2017.8.12一部削除、修正)

艶のある解像度の高い音で、低音もきちんと鳴り、広がる音を感じられるスピーカーが欲しい。

うん、贅沢だね!
というわけで、予算が足りないという当たり前の現実が。
いろいろ調べつつ、できる範囲で揃えられたらと思います。

【第1段階?】
そこそこのAVアンプ(音の観点からは正直いらないが、映像の音を鳴らすには必須)
そこそこの音が鳴る小型スピーカー(将来はサラウンドスピーカーに回す)
センタースピーカー(他のスピーカーと揃いのシリーズで)

【第2段階?】
フロントスピーカー用の評判の良いフロア型スピーカー

【第3段階?】
きちんとしたプリメインアンプ(フロントスピーカーを美しく鳴らしたい)

Trackback

http://edcba.blog96.fc2.com/tb.php/310-d626a969

«  | HOME |  »

プロフィール

Nagayaoh

Author:Nagayaoh
プロフィール


最近の記事


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


RSSフィード


著作権表示

『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。
このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。